モーモー シネマ&ライフ

映画の感想、子育て、生活のいろいろブログ。

つわりの妊婦が毎日うどんやパンばかり!赤ちゃんの栄養不足が心配な人へ

f:id:toshimaru104:20191201004257j:plain

令和ガールの父、としまる(@toshimarueiga)です!

妊娠初期のつわりは、人によって違いがあるとは言え、本当に大変ですよね。

私の妻も安定期に入るまで、とても辛そうな毎日を過ごしていました。

つわりの時期には、

  • 好きだった食べ物が嫌いになる
  • ちょっとした匂いで吐き気がする
  • 何か食べないと具合悪くなる
  • かたよった食事しか取れない

といった状態が続きました。

正直その時は「お腹の赤ちゃんは栄養不足にならないの?」と、とても心配でした。

同じように「妊婦なのに偏食で心配」という人がいるかもしれないので、産婦人科の先生からいただいたアドバイスや実体験をまとめました。

参考になればと思います。

 

妊娠初期のつわりで偏食になっても赤ちゃんは大丈夫!

f:id:toshimaru104:20191201004604j:plain

「食べる物が偏ったら赤ちゃんに栄養がいかないんじゃ…」
というのが一番心配ですよね。

だからといって、

  • 赤ちゃんのためにも我慢して食べなきゃ
  • こんな不健康な食事をするなんてママ失格
  • つわりは病気じゃないんだから、しっかりしないと

このような考え方をしてはいけません!

とくに初めての妊娠だったりすると不安が大きいでしょう。

それでも食べれないものは食べれないですよね。

 

だけど安心してください。

お腹の中の赤ちゃんは、妊娠初期ではママにすでに蓄えられている栄養をもらって成長します。

バランスのとれた食事ができなくても、赤ちゃんはきちんと育ってくれるのです。

だから無理をする必要はないですし、自分を責めなくていいんですよ。

むしろ無理に食べようとしたり、偏食で栄養のあるものを食べられない自分を責めるようになってしまうと、そのストレスのほうが害になります。

つわりの時期は、食べたいときに食べられるものだけを食べちゃってください!

「毎日パンばかりでは栄養不足になりそう」
「最近うどんしか食べれてないけど大丈夫かな」

と心配でも、ちゃんと赤ちゃんは元気に成長してくれますよ。

 

とはいえ、ママの体調やストレスを配慮すると、どうにか対策したいとも思いますよね。

できる事はゼロじゃないので、次の事を参考にしてみてください。

 

つわりの妊婦が栄養不足のときに出来ることは?

f:id:toshimaru104:20191116215341j:plain

食べられるものを試して探そう

「何が食べたいか分からないから、食べれたものを続けよう」と考える人も多いかと思います。

しかし、妊娠中はそれ以前と味覚が大きく変わることも珍しくありません。

今まで好きじゃなかったものが不思議と食べられたりします。

私の妻もいろんなものを試してみることで、少しずつ「あ、これは食べられそう!」と、食べられるものが増えていきました。

最初の頃は、良かれと思って買ってきた食べ物をことごとく「それちょっと食べたくないかも…」と言われていました。

でも、それで諦めずに繰り返すことが大切なのです。

せっかく買ってきたものが食べられなかったとしても、それは家族が食べてしまえばいいだけの話ですからね。

つわり中の食べ物なんて、これから必要になるマタニティ用品やベビー用品と比べたら安いものです。どんどん買って試してみましょう。

ただし、もったいないと感じるママもいるでしょうから、プレッシャーにならない程度に。(私の妻は貧乏性なので、最初は抵抗があったようです)

 

食べられるものに混ぜよう

赤ちゃんはママが蓄えていた栄養をもらうから大丈夫です。

しかし偏食がひどいと妊婦の健康は心配ですよね。

どうしても気になるような時は、食べられるものに栄養のあるものを混ぜるという手もあります。

たとえば、うどんしか食べられないような時は、野菜のかき揚げを入れたりなどすると良いですよ。

 

サプリメントに頼るのもOK

理想は食べ物から摂取するのが一番でしょう。でも妊娠中つわりの時は偏食で足りていない栄養をサプリメントに頼るのも良い方法です。

今は妊婦向けのサプリメントも多く売られていますから、必要に応じて買っておくことをオススメします。

とくに葉酸に関しては、サプリメントでしっかり摂取することが国に推奨されています。

葉酸というのはビタミンB群の一種で、妊娠中に摂取するべき栄養素として厚生労働省が推奨するほど有名ですね。

葉酸の役割は、血液やたんぱく質を作り出したり、胎児の神経管形成に必須です。これが不足していると赤ちゃんに先天性の障害が起こるリスクが高まるとされています。

食事では充分な量を取ることが難しいため、サプリを飲んで補うべきなんです。

おすすめの葉酸サプリは【ベルタ葉酸サプリ】です。

インスタやTwitterなどでもよく目にする、葉酸サプリ売り上げ第1位の人気商品ですね!

厚生労働省が推奨する400μgの葉酸が含まれているだけでなく、鉄分やカルシウム、ビタミンやミネラル、18種類の野菜まで配合されていて妊娠中に嬉しいサプリメントになっています。

無添加にこだわっていて、出産経験者の社員スタッフによるサポートで安心安全を徹底している高品質サプリなんです。

ママたちの声から生み出されただけあって美容成分も配合されているので、これを買って元気で明るい妊娠生活にしましょう!

\詳しくはこちら/
⇒妊娠中のママに【ベルタ葉酸サプリ】

 

どうしても何も食べられない、食べても吐いてしまう時は迷わず病院へ

つわりがひどい人の中には、食べたくても何も食べられない・食べても吐いてしまう、という人も一定数います。

そういう場合は母体がとても心配です。

「つわりは誰でも通る道だから…」
「病気でもないのに、つわりくらいで病院に行くのはどうなんだろう」

などと考えず、迷わず病院へ行って相談しましょう。

口から物を食べられなければ点滴を打って栄養を補給することもできます。決してオカシイ事ではありません。

病院に行ってみて問題がなければ、それはそれで安心できます。

「安心感」はママにとって、何より大切なことです。

不安なことがあれば遠慮なく助けを求めましょう。

 

まとめ

妊娠初期のつわり中に偏食になるのは、よくある事です。

偏った食事になっても、すぐに赤ちゃんの栄養不足という事態にはなりません。

初めての妊娠では特にお腹の赤ちゃんばかりを気にしてしまいがちですが、ママの身体や心のケアをすることを最優先に考えるべきです。

そうすることで、結果的に赤ちゃんのためにもなります。

ママは誰よりも赤ちゃんの心配をし、不安に感じているでしょう。

パパは変わってあげることは絶対にできないので、せめて「つわりがどういうものか」「つわりの時はどう対処してやればいいのか」と少しでも状況を共有するように心がけましょう。

そういった姿勢を見るだけでも、ママは安心するようですよ。

\葉酸サプリでママと赤ちゃんを元気に/
⇒【ベルタ葉酸サプリ】なら必要な栄養が取れます!