モーモー シネマ&ライフ

映画の感想、子育て、生活のいろいろブログ。

斬新な設定とアイデアが面白いワンシチュエーション映画おすすめ30選!

この記事をシェアするっ!

f:id:toshimaru104:20190428213725j:plain

としまる (@toshimarueiga) です!

 

「ワンシチュエーション映画」というものを聞いた事がありますか?

その名の通り、ひとつの状況(ワンシチュエーション)を舞台として物語が展開していく映画のことを言います。

スケールの大きい映画とはまた違った面白さがあるので、私も大好きなジャンルのひとつです!

ここでは、そんなワンシチュエーション映画のおすすめ作品について紹介しています。

気になる映画があれば、ぜひ観てみてくださいね。

 

映画を見放題するならU-NEXTがおすすめです!

  • 国内最大の豊富な見放題コンテンツ量と充実したジャンル
  • 新作の最速配信
  • 4人同時視聴可能
  • 毎月1200円分のポイント還元
  • 1ヶ月の無料お試し期間

など、お得で便利な動画配信サービスになっています。

↓詳しくはこちらの記事にまとめています↓

・U-NEXTの月額料金は高いのか?メリット、デメリットを徹底解説

  

 

ワンシチュエーション映画とは?

ワンシチュエーション映画とは、最初から最後までたったひとつの場所や状況の中だけで物語が完結する映画のことを言います。

 

特徴としては、以下のような点があげられます。

  • スケールは小さい
  • 登場人物が少ない
  • 低予算・短期間で制作されることが多い
  • 心理描写にフォーカスされやすい
  • 密室劇や会話劇が多い
  • コメディ、サスペンス、スリラーなど様々なジャンルがある
  • 斬新な設定やアイデア勝負の、一風変わった作品が多い

 

あくまで大まかな特徴なので、当てはまらない作品もあります。

「登場人物が多すぎたり壮大なストーリーよりも、主要な人物のみに注目した映画が観たい!」

「ベタな王道ストーリーに飽きてきたから、たまには斬新なアイデアを生かした独特な映画が観たい!」

といった人には特におすすめですよ。

 

おすすめワンシチュエーション映画を30作品紹介!

ここからは、私が実際に観てみて面白いと思ったワンシチュエーション映画を、ひとつずつ紹介していきます。

あらすじや見所、感想などを簡単にまとめています。ぜひ参考にしてください!

※厳密にはワンシチュエーションではない映画や、賛否両論ありそうな映画も含まれています。あしからず!

 

遊びの時間は終らない

公開1991年|上映時間111分

警察の実演訓練で銀行強盗の役を演じる男が、真面目すぎるがゆえに本気で犯人としての任務を遂行しようとして、事態は思わぬ方向へと転がっていく。

警官が台本なしで全力で銀行強盗役をやってしまう、という馬鹿げたシチュエーションが面白すぎるオススメのコメディ映画です。

皮肉まじりのシュールな笑いに溢れ、「この後どうなってしまうんだ!?」とワクワク感が最後まで引っ張ってくれます。

オチの落とし所には賛否ありそうですが、そこに持っていくまでの勢いでとにかく楽しめる作品です。

 

 

奇人たちの晩餐会

公開1999年|上映時間80分

バカな人間を招待して笑い者にする晩餐会の主催者と、招待された者のやりとりをコミカルに描いたフランスのコメディ映画。

人を笑い者にするなんて、とんでもなく悪趣味な晩餐会…かと思いきやストーリーが展開していくにつれ愛おしくなるキャラクターに笑いが溢れます。

そして最後には愛を感じられるホッコリとした気持ちで幕を閉じられる名作。

2010年にはアメリカ版リメイク『奇人たちの晩餐会 USA』もあるので、見比べてみるのも面白いですよ。

 

 

パニック・ルーム

公開2002年|上映時間113分

母娘の二人が引っ越してきたばかりの豪邸に、強盗3人が押し入ってきた。〈パニック・ルーム〉と言われる避難シェルターに逃げ込んだ親子と、強盗たちとの壮絶な心理戦。

前半は恐怖や怯えといったハラハラ感、後半は強き母が強盗にどう立ち向かっていくのかといったドキドキ感があります。

ワンシチュエーションの密室サスペンスだとどこかで失速しがちですが、展開が二転三転していくので、最後まで中だるみすることなく観ることができます。

また、この手のスリラーは基本的に被害者サイドに共感させて緊張感を出すため、視点が主人公サイドに寄ります。しかし本作では犯人側の視点も詳細に描かれていて、双方の駆け引きが楽しめるという特徴があります。

 

 

es [エス]

公開2002年|上映時間119分

研究所の中に作られた監獄に被験者が集められ、看守役と囚人役に分かれて過ごすことになったが、実験が進むにつれ被験者たちの様子に恐るべき変化が訪れはじめる。

1971年に実際に行われた「スタンフォード大学監獄実験」をもとに映画化されたワンシチュエーション・スリラー。

2010年には『エクスペリメント』というリメイクも制作されたほどの話題作で、人間のおそろしい心理がスリリングに描かれています。

人間の心理に興味がある人なら絶対に観ておくべき、おすすめワンシチュエーション映画です。

 

 

フォーン・ブース

公開2003年|上映時間81分

ある男が公衆電話の受話器を置いた途端、ベルが鳴った。彼が受話器を取ってみると、電話越しに何者かが脅迫してきた。電話を切れば、殺される…。一体、誰がどんな目的で?

公衆電話ボックスという斬新なワンシチュエーションが興味をひくサスペンス映画です。

今となっては大人気俳優のコリン・ファレルの演技が素晴らしく、独特な緊張感と臨場感をかもし出しています。

顔の見えない不気味さにハラハラし、80分間テンポよく飽きずに展開していくストーリーが秀逸。これぞワンシチュエーション映画といえる、おすすめの一本です。

 

 

SAW ソウ

公開2004年|上映時間103分

見覚えのない古びたバスルームで2人の男が目を覚ます。部屋の中央には誰とも分からない死体。果たして2人がここに監禁された理由は?密室から生きて脱出できるのか?

極限まで追い込まれることによって現れる人間の本性。そして命の大切さを強制的に思い知らせてきます。

グロテスクなシーンが多いので、耐性のない人にはきついかもしれません。

ラストで一気に伏線が回収され、愕然とするほどの衝撃的な事実を突きつけられます。リアルに「ファッ!?」と声が出ましたw

世界を震撼させたワンシチュエーション映画として有名で、シリーズ7作までありスピンオフ作品もたくさん出ています。第1作が一番面白いですが。

 

 

笑の大学

公開2004年|上映時間121分

戦争へと向かう昭和初期の日本では、娯楽である演劇が規制されていた。喜劇の上演許可をもらうため、劇作家が検閲官のもとへ行く。

笑いの中に皮肉が散りばめられた、三谷幸喜の脚本らしいシュールな会話劇となっています。

とにもかくにも役所広司が素晴らしく際立っており、テンポのよい掛け合いでラストに向けて盛り上がっていきます。

真面目な話でありながら最初から最後まで楽しく観ていられる、ワンシチュエーションおすすめコメディ映画です!

 

 

オープン・ウォーター

公開2005年|上映時間79分

オープン・ウォーター(開放水域)に取り残されてしまった夫婦の実話に基づき、海での恐るべき体験を描く。

密室や閉ざされた空間とは真逆の「果てしなく広がる海」を題材としたワンシチュエーション映画です。

この作品の凄いところは、CGや特殊効果をまったく使用せずに本物のサメがいる海で撮影された点です。

実話なのでストーリーとしては物足りないですが、ドキュメンタリーのようなリアリティのある極限状態の恐怖を感じることができます。

 

 

フライトプラン

公開2005年|上映時間98分

航空機のなかで突然、娘が消えた。母は機内を捜すが、有力な目撃情報も無ければ搭乗記録さえ無い…。

娘は誰かに誘拐されたのか?それとも夫を亡くしたショックで自分がおかしくなっているのか?

主人公を含めた登場人物の全員が怪しく思えてきます。人間の「心理」を利用した仕掛けで、じわじわと精神的に追い詰められる緊張感。

設定やトリックにちょっと無理があるのでミステリーとしては弱いものの、航空機内というワンシチュエーションで母が必死にもがく姿に惹かれます。

登場人物たちと同じように観客も疑心暗鬼に落とし込む作りは見事。

 

 

ハード キャンディ

公開2006年|上映時間103分

出会い系サイトで知り合った32歳の男と14歳の少女が、男の部屋で会うことになるが、それは少女の罠であった…。

密室での会話劇でストーリーが進行していくワンシチュエーション・スリラーです。

男の“大事なモノ”を狙う少女の話で、ゾッとする狂気に満ちています。少女役のエレン・ペイジが恐ろしいほどの演技力を見せつけてきます。

とくに男性が観ると怖くてたまりませんね…。後味の悪い終わり方をしますが、他にないハラハラ感を味わえるためオススメです。

 

 

unknown アンノウン

公開2006年|上映時間85分

廃工場に閉じ込められた5人は、記憶を失い自分が誰なのかも覚えていない。わかっていることは「3人が誘拐犯で、2人が被害者」という事だけ。

疑心暗鬼になりながら命をかけて脱出を試みるワンシチュエーション・スリラー映画。

設定の面白さだけでなく、スピード感や緊迫感、巧妙に練られた脚本に驚かされます。

85分という短めな作品ですが、ストーリーがしっかり詰められ、ラストに向けての怒涛の展開は見応えあってオススメです。

 

 

キサラギ

公開2007年|上映時間108分

自殺したアイドルの1周忌に、ファンだった5人の男が集まる。思い出話に花を咲かせる予定だったが、彼女の死の真相について話が展開していく。

ひとつの部屋で会話劇が繰り広げられるワンシチュエーション・ミステリー。

個性的な俳優が集まりコメディタッチで描かれていくストーリーは、面白おかしくありながらミステリーとしても上質です。

1部屋5人だけの限られたシチュエーションの中で展開する推理合戦が楽しい。オチがどう着地するか先行きの気になる見事な脚本です。

 

 

12人の怒れる男

公開2008年|上映時間160分

ロシア軍の将校であった義父を殺害した少年の裁判によって、ロシアが抱える社会問題や民族への偏見などを浮き彫りにしていく会話劇。

1957年の名作映画のリメイクであり、ワンシチュエーション会話劇を語るうえで外せない有名作ですね。

160分という長尺でひたすら男たちの話す様子を観ているだけなのに、不思議と退屈さを感じない秀逸な脚本と演出に圧倒されます。

頭を抱えたくなるほど考えさせられ、後半には二転三転して衝撃のラストへと向かいます。

鑑賞後には誰かと語りたくなる傑作です。

 

 

12人の優しい日本人

公開1991年|上映時間116分

『12人の怒れる男』の日本版リメイク作品。

脚本を三谷幸喜が務めており、本家よりも皮肉のきいた舞台劇のような印象を受けます。

タイトルが「怒れる男」ではなく「優しい日本人」になっているのが憎らしいです。良くも悪くも、日本人ってこうだよなぁ、と思わされます。

本家に負けず劣らずの名作ワンシチュエーション邦画です。

 

 

大洗にも星はふるなり

公開2009年|上映時間103分

憧れのマドンナ的存在から手紙で呼び出された男たち。海の家に集まった彼らの軽妙なやりとりを描くワンシチュエーション・コメディ。

日本を代表する個性派俳優が大集合していて、テンポよく笑いが巻き起こります。

舞台喜劇とテレビドラマの中間を取ったような気楽に観ていられる安定の面白さです。

難しいことを考えず頭を空っぽにして笑える映画を観たいときにおすすめ!

 

 

[リミット]

公開2010年|上映時間90分

ある日突然、何者かに襲われた男。意識を取り戻すと地中に埋められた木箱の中に閉じ込められていた…。

限られたアイテムと酸素が尽きるまでのタイムリミットの中、生死をかけた脱出を試みる。

地中の箱という狭すぎる究極のワンシチュエーションとたった1人の俳優で、うまく完結している見事な作品です。

主人公の息遣いや追い込まれていく様子がしっかりと感じられます。

脚本はとてもシンプルでありながらラストが胸くそ系なので、終わり方に不満を感じる人もいるかもしれませんが、他にない斬新さを楽しむにはおすすめ!

 

 

エグザム

公開2010年|上映時間101分

武装した警備員に監視されながら、8人の男女が向き合っているのは白紙の問題用紙。80分という制限時間のなかで合格することができれば、年俸1億円の報酬を死ぬまで受け取れるという。

密室で決められたルールのなかで心理戦が行われる、ワンシチュエーションのサスペンス映画です。

とにかく設定が面白く、謎解きゲームが好きな人には特におすすめしたい作品です。

オチが少し弱いため大どんでん返しを期待すると肩透かしかもしれません。さくっと軽い推理サスペンスを楽しみたいときに良いです。

 

 

フローズン

公開2010年|上映時間93分

スキー場へやってきた若者3人組が、日暮れ前にもう一度だけ最後の滑りを楽しもうとリフトに乗り込む。すると、なんと途中でリフトが停止して3人は地上15メートルに置き去りにされてしまった!?

極寒のリフト上という、ほとんど身動きの取れない危機的状況でのワンシチュエーション・パニックスリラーです。

内容としてはB級映画で浅いですが、「実際に自分にも有り得そうなシチュエーション」として気軽に楽しめます。

「自分だったらどうするか?」と考えながら観るのをおすすめです!

 

 

月に囚われた男

公開2010年|上映時間97分

資源を使いきってしまった未来の地球。燃料を詰めたポッドを地球に送る仕事をするため、たった1人で宇宙飛行士は月に赴任した。あるとき不注意から事故を起こし、診療室で目を覚ました彼は、自分とそっくりな容姿をした男に出会い…。

月という他にないワンシチュエーションでサム・ロックウェルがほぼ一人で役を演じ分けていき、彼の演技力にひたすら圧倒されます。主人公の心境がストレートに胸に突き刺さってきますね。

脚本も秀逸でミステリー要素が強く、ゆったりとしたテンポのなかで疑心を煽りながら終盤でまさかの展開に驚かされます。

「おすすめワンシチュエーション映画といえば、まずはコレ!」といっても過言ではない傑作です。

 

 

ミッション:8ミニッツ

公開2011年|上映時間93分

列車爆破事件の犯人を見つけ出すため、強制的に繰り返される8分間。死亡した犠牲者の最後の8分間に潜入して追体験できるシステムを設定とした、SFサスペンス。

何の説明もなく始まる8分間に、初めは不安を覚えます。しかしテンポよく進んでいくストーリーを追っていくうちに状況が把握できていくワクワク感があります。

犯人探し自体はそれほど難解ではありませんが、時間軸・タイムパラドックス・パラレルワールドについて考えが及ぶ脚本。

結末もスマートな終わり方で、全体的にコンパクトにまとまった観やすい作品です。

 

 

アウェイク

公開2011年|上映時間85分

心臓移植手術を受けることになった富豪の青年だが、手術中に全身麻酔から意識が覚めてしまう。手術の痛みとともに、隠された真実を知ることに…。

「術中覚醒」という現象を題材とした、手術室でのワンシチュエーション映画です。

少しグロテスクな描写もあるので苦手な人は避けたほうがいいかもしれませんが、身の毛もよだつほど恐ろしいシナリオのなかで、張り巡らされた伏線が見事に回収される良質サスペンスになっています。

中盤あたりからグッと急展開してラストで綺麗にまとまっており、サクッと観るのにおすすめです。

 

 

デビル

公開2011年|上映時間80分

5人の男女が高層ビルのエレベーターに閉じ込められてしまった。普通の事故かと思いきや、エレベーター内で謎の現象が次々と起こりはじめ、じつは5人のうち1人が悪魔であることがわかってくる。

ホラーの巨匠であるM・ナイト・シャマランが原案を務めた、ワンシチュエーション映画です。

エレベーターという誰にとっても身近な密室での恐怖体験を、緊張感たっぷりに感じられます。

少々グロ描写もありつつ、派手でなく精神的にパニックに落とし込んでいく作りが見事でおすすめ。

 

 

トライアングル

公開2011年|上映時間99分

ヨットで遭難した女性と友人らは、通りがかった大型客船に乗り込む。なぜか誰もいない船内を探索していると、何者かに命を狙われる。しかしなんと、その殺人鬼の正体は自分自身で…?

ループもののワンシチュエーション・スリラーで、延々と繰り返される恐ろしい現象からどうやって抜け出すか?というのが見所です。

とても秀逸なアイデアで、伏線もオチもひねりが効いて面白い。非常に練られた脚本は何度も観返したくなります。

ループものが好きな人には絶対的におすすめしたい映画です。

 

 

127時間

公開2011年|上映時間95分

実在の登山家が体験した実話を映画化。

1人で険しい谷へロッククライミングに来た登山家が、右手を岩に挟まれて身動きが取れなくなった。127時間もの間そこで過ごし、脱出を試みる。

実話であることが信じられないほどに、とにかく壮絶な状況を延々と観られるワンシチュエーション映画です。

映像の凄さだけでなく、主人公の心理状態もうまく描写されており、絶対に体験することのない設定なのに感情移入して観ることができます。

 

 

ブレーキ

公開2012年|上映時間91分

突然何者かに誘拐された男は、気付けば車のトランクに積まれた箱の中に閉じ込められていた。そこでは4分おきに恐ろしいトラップが作動し、男は必死に脱出を試みる。

狭い箱の中という『リミット』と非常によく似たワンシチュエーションでのスリラー映画です。

こちらはまた違った展開が待ち構えており、ラストは二転三転として衝撃のオチを迎えます。

オチは意外性があって好き嫌いが分かれそうですが、コンパクトにまとまっているのでサクッとスリルを味わいたい時におすすめです。

 

 

フライト・ゲーム

公開2014年|上映時間107分

高度1万メートルで146人の乗客乗員を人質にカネを要求する謎の犯人と駆け引きするアクション・サスペンス。

主人公のバックボーンが作り込まれているため、かなりメチャクチャな行動をするが同情・応援したくなります。

誰も彼もが怪しく思え、終盤まで犯人がわからない。それ以上に本作の見どころは、終始ハラハラした展開とアクションにあります。緊迫感とスピード感で退屈せず最後まで一気に進んでいきます。

乗客がパニックを起こさないよう事態を明かさず、犯人を捕まえるため無茶をして暴漢のような目で見られながらも孤軍奮闘する主人公が渋くて恰好いいです。

 

 

オール・イズ・ロスト 最後の手紙

公開2014年|上映時間106分

晩年を迎えた男が気ままにヨットで海上の旅を楽しんでいた。しかしある時、不運に見舞われスマトラ海峡3150キロでたった1人で遭難してしまい、無線も故障してしまった…。

飢えや孤独、さまざまな危険と隣り合わせの極限状態でもがく老齢の男を通して、「生きる」ことの意味と向き合えるヒューマンドラマです。

登場人物は1人でセリフもほぼ無し、という前衛的なおすすめワンシチュエーション映画です。にもかかわらず最後まで目が離せないのは、やはりロバート・レッドフォードの演技力あってこそでしょう。

 

 

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

公開2015年|上映時間86分

妻と子供にめぐまれ、仕事も順調であった1人の男。ある夜、高速道路を走りながら電話の相手と話をする彼には、人生を狂わせる事実があった…。

画面に映るのは、車を運転する主演のトム・ハーディただ1人という異色のワンシチュエーション映画です。

とにもかくにもトム・ハーディの演技が極上で、86分間まったく飽きさせずに引き込む力があります。

設定の斬新な発想だけでなく内容も濃密で、めまぐるしく変化する状況と心情に、奇妙な没入感と緊張感を味わうことができます。

 

 

ALONE アローン

公開2018年|上映時間106分

一歩たりとも動くことのできない極限状態から、男は生き延びることができるのか?

砂漠の真ん中で、仲間は爆死し、自分自身も地雷を踏んでしまった一人の兵士。足を上げれば爆発、動かなければ自然の脅威や野犬や敵に襲われる…救援までの52時間、過酷な状況や自分の心の内側と闘うワンシチュエーション・スリラー。

死のギリギリまで追い詰められた人間が、過去のトラウマや幻覚に苛まれていく様子をスリリングに描いています。

現実と妄想の境界が分からなくなっていき、ラストの展開には驚愕です!

 

 

THE GUILTY/ギルティ

公開2019年|上映時間88分

f:id:toshimaru104:20190428232650j:plain

緊急ダイヤルに助けを求める電話の音だけを頼りに、誘拐事件を解決に導こうとするワンシチュエーション・サスペンス。

無機質な緊急ダイヤルのオペレーター室で映像は変わり映えしないのに、状況が転々として緊迫感が絶えず、最後までハラハラして退屈しません。

徐々に明らかとなる驚愕の真相や主人公の心境の変化など、物語を追体験できる没入感が絶妙なバランスで配されています。

タイトルの「罪」が意味することが、終盤で心臓をえぐってきます。私的ベスト・オブ・ワンシチュエーションの超おすすめ映画!

 

 

映画を“見放題”するならU-NEXTがおすすめ!

あなたはDVDやブルーレイをレンタルして映画を観ていますか?

そうだとしたら、もしかすると損をしているかもしれません。

「月に1〜2本しかレンタルしないし、そこまで映画好きじゃない」というのなら、問題ありません。

でももし、

  • 「映画が好きで夜や休日など暇があれば映画を観たい」
  • 「月に3〜5本以上はレンタルする」
  • 「もっと映画を観たいけどレンタル料金が高くなるから我慢している」
  • 「レンタルの手間や返却期限を考えると面倒」
  • 「いつでも好きな時に好きな場所で、好きなだけ映画が観られたらいいのに」

この中でひとつでも当てはまる人には、映画の“見放題”ができる動画配信サービスを利用することをオススメします!

今やネット配信で動画を観ることは当たり前になっていますよね。

あなたの周りで利用した経験のある人も多いんじゃないでしょうか?

「手軽で、便利で、お得」な3拍子がそろっているのが動画配信サービスです。

 

そんな人気のある動画配信サービスも、最近はたくさんの会社がサービス提供しているので、「結局どれがいいの?」と分からない人も多いかと思います。

それぞれに特徴があり、その中でも映画好きにはU-NEXTがおすすめです。

  • 国内最大の豊富な見放題コンテンツ量と充実したジャンル
  • 新作の最速配信
  • 4人同時視聴可能
  • 毎月1200円分のポイント還元

U-NEXTなら、他社には無いこんなサービスを月額1990円(税抜き)で楽しめてしまうんです!

その他にも魅力的でお得な理由がたくさんあります。詳しくはこちらの記事にまとめています。

・U-NEXTの月額料金は高いのか?メリット、デメリットを徹底解説

しかも今なら1ヶ月の無料お試し期間があるので、気軽に試してみることができるんです。

もちろん、お試し期間に満足できなければ完全無料で退会できます。

入会も退会も、退会後の再登録も簡単にできるため安心して気軽にお試しできますよ。

\観たい映画があるか今すぐチェック/

【U-NEXT公式サイト】へGO!

 

「映画よりも海外ドラマのほうがたくさん観る」という人にはhulu(フールー)をおすすめ!

関連記事:hulu無料トライアルを登録する前に知っておくべきメリット、デメリット

 

さいごに

斬新な設定とアイデアが面白い、おすすめのワンシチュエーション映画を紹介しました!

まだ観ていない、気になる作品があれば、ぜひ観てみてくださいね。

他のジャンルでおすすめの映画は、こちらを参考にどうぞ。

・【ジャンル別】ガチで面白いおすすめ映画を全まとめ! - モーモー シネマ&ライフ