モーモー シネマ&ライフ

映画の感想、子育て、生活のいろいろブログ。

妊娠中でつわりの妻がカップラーメンしか食べない!赤ちゃんは大丈夫なの?

この記事をシェアするっ!

妊娠中でつわりの妻がカップラーメンしか食べない!赤ちゃんは大丈夫なの?

偏食をする妊婦


好きな麺類は蕎麦。としまる (@toshimarueiga) ですよ。

妊娠初期のつわりは、人によって違いがあるとは言え、本当に大変なようです。

私の嫁ちゃんも、なかなか辛そうでした。今は安定期に入ってコロッと元気になりましたけどね。

つわりの時期には、

  • 好きだった食べ物が、匂いを嗅いだり視界に入るだけでも吐き気がするように
  • 何か食べないと具合悪くなる(食べつわり)
  • カップラーメンが異常に美味しい(偏食)
  • 飲み物は緑茶しか飲みたくない

といった状態が続きました。

今はつわりも落ち着き、母子ともに健康そのものです。

 

正直その時は「お腹の赤さんは大丈夫なの?」と、とても心配でした。

同じように「妊娠中の妻が偏食で心配」という人がいるかもしれないので、産婦人科の先生からいただいたアドバイスや実体験をまとめました。

参考になればと思います。

 

 

妊娠初期のつわりで偏食になるのは問題ない!

「食べる物が偏ったら胎児に栄養がいかないんじゃ…」

というのが一番心配ですよね。

 

だからといってママに対して、

  • 赤ちゃんのためにも我慢して食べなきゃ
  • そんな不健康な食事でいいと思ってるの?
  • つわりは病気じゃないんだから、しっかりしなよ

絶対こんなこと言ってはダメですよ!

 

不安はママのほうが大きいんです。分かっていても、食べられないのです。

夫としては良いパパになろうとして子供のためを思って、つい妻を咎めるようなことを言ってしまうんですね。

 

だけど、安心してください。

お腹の中の赤ちゃんは、妊娠初期では母親にすでに蓄えられている栄養をもらって成長します。

なのでバランスのとれた食事ができなくても、赤ちゃんはきちんと育ってくれるのです。

むしろ無理に食べようとしたり、食べられない自分を責めるようになってしまうと、そのストレスが害になります。

「つわりの時期は食べたいときに食べられるものだけを食べればいいんだよ。それでも赤ちゃんは元気に成長できるから」と言って安心させてあげましょう。

 

食べられるものを一緒に探そう

「何が食べられるか分からないし、自分にできる事はない…」と考えてしまう男性も多いかと思います。

実際、私も最初の頃は良かれと思って買ってきた食べ物をことごとく「それちょっと食べたくないかも…」と言われていました。

しかし、それで諦めずに繰り返すことが大切なのです。

いろんなものを試してみることで、少しずつ「あ、これは食べられそう!」と、食べられるものが増えていきました。

せっかく買ってきたものが食べられなかったとしても、それは夫が食べてしまえばいいだけの話です。

食べ物なんて、これから必要になるマタニティ用品やベビー用品と比べたら安いものです。どんどん買って試してみましょう。

ただし、もったいないと感じる女性もいるでしょうから、プレッシャーにならないようにフォローすることを忘れずに。(私の嫁ちゃんは貧乏性なので、最初は抵抗があったようです)

 

食べられるものに混ぜよう

赤ちゃんは母親が蓄えていた栄養をもらうから大丈夫です。しかし母体の健康は心配ですよね。

どうしても気になるような時は、食べられるものに栄養のあるものを混ぜるという手もます。

たとえばカップラーメンしか食べられないような時は、味や匂いが変わらない程度に野菜などを細かく刻んで混ぜると良いですよ。

 

サプリメントに頼るのもOK

理想は食べ物から摂取するのが一番でしょう。でもつわりの時は足りていない栄養をサプリメントに頼るのも良い方法です。

ドラッグストアなどに妊婦向けのサプリメントも多く売られていますから、必要に応じて買っておくことをオススメします。

とくに葉酸に関しては、サプリメントでしっかり摂取することを推奨されています。

ただし何事も過剰にとることは良くないので産婦人科の先生と相談しながら決めるのが安心ですね。

 

緑茶、紅茶、コーヒーなどを飲みたいときはデカフェ(カフェインレス)にしよう

妊娠中はカフェインを摂ることは避けるべきとされています。胎児にカフェインが移行して興奮状態になったり頻脈になるおそれがあるからです。

なのでカフェインが入っておらずミネラルも豊富な麦茶は、妊娠中の飲み物として良いと言われます。

しかし私の嫁ちゃんは麦茶が嫌いで、緑茶を好んでいました。

そういった場合は、デカフェ(カフェインレス)の商品を買うようにしましょう。

これは授乳中も続くことですから、まとめ買いをしておくと便利ですね。

 

どうしても何も食べられない、食べても吐いてしまう時は迷わず病院へ

つわりがひどい人の中には、食べたくても何も食べられない・食べても吐いてしまう、という人も一定数います。

そういう場合は母体がとても心配です。

「つわりは誰でも通る道だから…」

「病気でもないのに、つわりくらいで病院に行くのはどうなんだろう」

などと考えず、迷わず病院へ行って相談しましょう。

口から物を食べられなければ点滴を打って栄養を補給することもできます。決してオカシイ事ではありません。

妻が迷っていたり困っている素振りが見られる時には、夫が積極的に「病院に行ってみようか。問題がなければ、それはそれで安心できるし」というふうにアプローチしてあげましょう。

 

まとめ

妊娠初期のつわり中に偏食になるのは、よくある事です。

偏った食事になっても、すぐに赤ちゃんの栄養が足りないという事態にはなりません。

初めての妊娠では特にお腹の赤ちゃんばかりを気にしてしまいがちですが、ママの身体や心のサポートをしてあげることを最優先に考えるべきです。そうすることで結果的に赤ちゃんのためにもなります。

ママは誰よりも赤ちゃんの心配をし、不安に感じています。

夫は変わってあげることは絶対にできないので、せめて「つわりがどういうものか」「つわりの時はどう対処してやればいいのか」と少しでも状況を共有するように心がけましょう。

そういった姿勢を見るだけでも、妻は安心するようですよ。