としまる映画堂

映画を中心とした雑記ブログ。

MENU

【2018年7月】Huluのジャンル別おすすめ洋画25選

f:id:toshimaru104:20180703213005j:plain

2018年7月現在、
Huluで配信されている旧作洋画の中からジャンル別におすすめの作品をまとめました!

有名なものばかりでなく、少しマニアックな作品も入れてあるので
ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

旧作おすすめ洋画

 

SF/アクション

オール・ユー・ニード・イズ・キル

 

桜坂洋のライトノベルを実写化した、トム・クルーズ主演のSFアクション。

エイリアン侵略に立ち向かう近未来。死ぬたびに時間が巻き戻るループもの。

とにかく映像がすごい。クオリティの高いCGで見応えのあるアクションです。

設定やストーリーが緻密に練られており、最初から最後までワクワク感が止まりません!トム・クルーズかっけえぇぇ

 

ハンガーゲーム

 

独裁国家となったアメリカで、富裕層の娯楽のために
選出されたプレイヤーが最後の一人になるまで殺しあう
サバイバルアクション。

世界観が作りこまれ、淡い恋もあったりしてエンターテイメントとして抜群。

一作目が一番面白い。二作目までは楽しめましたが、
そのあとは話が大きくなりすぎて飽きました…。

 

シャーロック・ホームズ

 

ミステリー要素のあるアクション。

というかホームズでアクションっていうのが斬新。

頭脳と身体を駆使して息もつかせぬ展開なので、
ただ戦ってばかりのアクションはつまらない、という人におすすめ。

続編の『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』も面白いです。

 

ダークナイト

 

『バットマン』原作の実写化映画。

言うまでもない有名なバットマンとジョーカーの戦いです。ファンも多いことでしょう。

なんといっても悪役のジョーカーの魅力が凄まじい。
たぶんバットマンよりジョーカーのほうが人気なんじゃないでしょうか?w

単純明快なアメコミヒーローものとは一味ちがって、人間の本質に迫るような
重く難解なテーマも交えてあります。

 

パーカー

 

世界一セクシーなハゲ様であるジェイソン・ステイサム主演。

この人のアクションはいつも爽快痛快なので、ストーリーが多少ありきたりでも
安心して楽しめますね!

今作では強盗という悪党を演じます。

一匹おおかみだった彼が、とある理由で犯罪グループと手を組み、
それがきっかけで殺されかけ、復讐していく物語。

はげるなら、こんなふうになりたい。(?)

 

ホラー

パラノーマル・アクティビティ

 

およそ100万円という超低予算で製作されたのに
とんでもない興行収入を記録したことで話題になりました。

防犯カメラの映像でドキュメンタリー風に演出することで
リアリティを出し、観客を入り込ませる。

斬新な設定が話題となりましたが、次々とでる続編は
もうお腹いっぱい感が…

第一作は観て損はないです。怖さよりも設定の作りこみに感嘆です。

 

サイレントヒル

 

ゲームが原作の映画。

娘が謎の精神状態におちいり、取り憑かれたように「サイレントヒル」と口にする。

その言葉を調べていると、同じ名前の町があることを知る。

娘をどうにか助けてあげたい一心で街に行くと
そこでは数々の不思議な現象が…!

ゲームらしい設定と展開でベタですが、なんだかんだハラハラドキドキできます。

 

イットフォローズ

 

「それ」は性行為によって人にうつすことができる。

「それ」はゆっくりと近づいてくる。

「それ」に捕まると必ず死ぬ。

話に聞いたときはもっとエログロかと思いましたが、そうでもない。
ゆっくりと近づいてくる恐怖。

単純なホラー要素ではなく
「生と死、そして愛」についてのテーマ性があります。

謎は謎のままなので、スカッとしたい人には向かないでしょう。

 

サマーインフェルノ

 

山奥のキャンプ場が舞台。これぞB級映画といった感じで気軽に観れるパニックホラーです。

よくある「感染したら狂暴化」パターンですが
斬新だったのは「一定時間が経つと元に戻る」というもの。

その設定を活かして仲間同士でわちゃわちゃするのが面白い。(怖いというより面白いw)

主役の男がいい奴なのにケガしまくって可哀想で笑います。

ツッコミどころも満載なのでガチ映画鑑賞するには向かないですが
気軽に何かさくっと観たい気分のときには良いです。

 

サプライズ

 

動物のマスクをかぶった謎の集団に襲撃される一家をえがくスリラー。

スプラッター系なので多少グロいシーンはありますが、
ホラーを見慣れている人なら全然平気なレベルです。

タイトルと違ってとくにサプライズ感はなく
テンポよく展開が進みます。

山のようにあるスプラッターホラーとの違いは、
ヒロインが中盤からキレて大反撃で無双状態になることですw

意外な結末!とかを期待すると肩透かしを喰らうので、
生温い目で観ることをおすすめ。

 

サスペンス/ミステリー

グランドイリュージョン

 

マジシャン集団がマジックを駆使して一瞬で大金を強奪するサスペンス。

映像が派手でトリックもかなりの見もの。
目で楽しむことができます。

ストーリーもどんでん返しがあってワクワク感が止まりません。

キャラクターそれぞれの個性も光っているので
多くの人が楽しめる作品だと思います。

手品ってだけで私はワクワクしちゃう子供ですw

 

ナイトクローラー

 

視聴率至上主義のテレビ業界の裏側にひそむ、
フリーの報道カメラマンの物語。

主演のジェイク・ギレンホールが見事な怪演と言わざるを得ない。
モラルに反した撮影を繰り返すのに、罪悪感を微塵も感じさせないサイコパス感。

ジェイク本人も「今まで演じたどんな役とも違う」と言うほどの役です。

観ながら腹の中にどす黒いものが溜まっていくような、
最高に最悪な気分になれます。

 

モネ・ゲーム

 

コリン・ファースとキャメロン・ディアスが共演した
コメディ満載のミステリー。

モネの贋作(ニセモノ)を使った詐欺で一攫千金してやろうという話。

軽いミステリーながらもストーリーは計算し尽くされた内容で
油断していると、どんでん返しも待っています!

いくつになっても可愛いキャメロン・ディアスと、
おじさんなのにコリン・ファースがかわいくて楽しく観れる作品です。

 

パフューム

 

ベストセラー小説を実写化した映画。

異常な嗅覚をもった青年が、女性の香りに魅了され
究極のパフュームを調香するため次から次へと殺人に手を染めていく。

主人公の異常性にただただ息をのみます。

物語もさることながら、映像が全体的に美しく、
まるで映像から香りが漂ってきそうな雰囲気にほれぼれした作品です。

 

記憶探偵と鍵のかかった少女

 

他人の記憶に入り込むという能力をもった探偵が、
とある少女の記憶の謎を探っていくミステリー。

記憶探偵として何度も事件を解決してきた主人公のもとに
ひとつの依頼がくる。

伏線が張り巡らされ、徐々に明らかとなっていく真実に
舌を巻きます。

そこそこ勘の良いひとには見抜けるレベルの謎ですが、
伏線の回収を楽しめる作りになっています。

 

ヒューマンドラマ/恋愛

最強のふたり

 

実話をもとにしたヒューマンドラマ。

車いすの大富豪と、その介護として雇われた黒人青年。
年齢も人種も、経済格差も超えて友情を育むふたりの物語が美しい。

笑いがふんだんに含まれてコメディとしても面白いですが、
なんといっても先入観にとらわれない「人と人」の友情に
ほっこりとあたたかい気持ちになります。

傑作と言ってまちがいないでしょう。

 

ヒアアフター

 

監督クリント・イーストウッド、製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、主演マット・デイモンという顎が外れそうなメンツで撮った映画。

死を身近に感じたことのある3人が人生を交錯させ、
「生」に向き合っていく姿を描いていく。

深く重いテーマ性なのと、監督がイーストウッドなので
良くも悪くも軽々しく観られない作品です。

人によって評価がぱっくり分かれる監督ですからねw
私はめちゃんこ大好きです。

 

ルーム

 

子役のジェイコブ・トレンブレイが世界に名を知らしめた作品。

生まれる前から監禁され、
5歳まで狭いひとつの部屋の中しか知らずに育ってきた男の子。

その息子に外の世界を教えてあげるべく、母親は脱出を試みる。

胸が締め付けられる良質な映画。
『ワンダー 君は太陽』でも活躍したジェイコブくんの
まっすぐな演技にぐっと引き込まれること間違いなしです…!

関連記事

映画『ワンダー 君は太陽』感想・評価!容姿や力だけじゃなく、人柄で多くの惹きつけるのも立派な強さだ。 - としまる映画堂

 

チョコレートドーナツ

 

育児放棄されたダウン症の少年を、わが子のように一緒に暮らすため
ゲイのカップルが法律や偏見と闘いながら苦悩していく姿をえがく。

血の繋がりだけが家族じゃない。
法律は人々を幸せにするためのものでなくてはならない、
と思い知らされます。

日本は先進国のなかでもとくに性に関しての法体制が遅れているので、
多くのひとに観てもらいたい作品のひとつです!

 

はじまりのうた

 

スターとなった恋人に裏切られ、ほそぼそとバーで歌う女性。

音楽プロデューサーを名乗る男との出会いで運命の歯車が動き始める。

主演のキーラ・ナイトレイの美しさと透き通った歌声に惚れました。
曲と歌詞も素敵で、音楽の素晴らしさを再認識できる映画です。

街並みの映像も、物語も、人間性の描き方も、すべてが綺麗で
上質な高揚感につつまれて後味のよい音楽映画ですね。

 

コメディ

ウルフ・オブ・ウォールストリート

 

実在の人物を映画化した実録コメディドラマ。

前半は気持ちいいほどのサクセスストーリー。
ウォール街で大成功して巨万の富を築き、贅沢の限りを尽くす。

やりたい放題やっていくなかで転落が待ち受けます。

これ本当に実在した人物の話をもとにしてるのか?と疑いたくなるほど
過激な内容がつづきます。
おかげで3時間という長尺がまったく苦痛じゃありません。

レオ様のお下品な姿を見たくない人にはオススメしませんがw

 

ハングオーバー

 

これは3作まとめてオススメしたい作品。

キャラクターの個性がとにかく強烈。
テンポは早くテンションは高く、スリル満点で笑いが止まらない。

ミステリ要素もあって伏線が回収される様は見事です。

結婚前日の朝、二日酔いで目覚めたらホテルの部屋は荒れ果て、
なぜか浴室にトラ。なぜか見知らぬ赤ちゃん。そして明日の新郎がいない!
昨晩、飲みすぎて誰も記憶がない…。

もうこの時点で先が気になって仕方なくなります。

 

トロピック・サンダー

 

これ以上ないほどバカバカしい映画に大金をつぎ込んじゃってる戦争コメディ。

戦争映画を撮っているつもりが、いつの間にか本物の戦場に身を置いていたという、
アホらしさ満点の設定。

数々のパロディを詰め込んでるので、わかった時にフフッとなりますw

あまりのくだらなさに笑っちゃいますが、
見どころはそれだけじゃなく
ものすごい豪華な俳優陣が馬鹿をやっているというところです。

ハゲで胸毛もじゃもじゃのトム・クルーズを見れるのはこれだけでしょう。

 

100歳の華麗なる冒険

 

スウェーデンのベストセラー小説が原作。

100歳の誕生日に老人ホームの窓から脱走した老人の
珍道中を描いた冒険(?)コメディ。

とあるきっかけで事件に巻き込まれ、
ギャングや警察に追われたりと
トラブルを引き起こして乗り越えていきます。

おじいちゃん可愛いんだけど予想以上にハチャメチャな展開で
壮大な物語に仕上がっています。

 

ゾンビスクール

 

ゾンビだけどコメディです。

だって、給食のチキンナゲットを食べた子供たちがゾンビになるんですよ?w

ゾンビとはいえ子供を殺すのはちょっと…という人にはおすすめしませんが、
B級映画として割りきって観ればかなり笑えます。

しかもまさかの主演イライジャ・ウッドでお送りするのだから
贅沢ですね。

 

まとめ

誰が観ても楽しめるようなものもあれば、
ちょっとクセのある作品もありますw

定額制の動画配信サービスだと
自分に合わない作品だと感じたら途中で観るのをやめても
損しないので気軽に観れますね!

関連記事

 

では、おわります。