としまる映画堂

映画を中心とした雑記ブログ。

監督・中田秀夫の魅力と映画おすすめ作品を紹介!

中田秀夫

f:id:toshimaru104:20181006233240j:plain

1961年7月19日生。映画監督

ジャパニーズホラーの代表的な監督の1人というイメージが強いですね。劇的にスーツが似合わない昔ながらの映画監督って風貌ですが(失礼か?w)、まだまだ「終わってない人」ですよ!

 

それでは中田秀夫監督について紹介しますよーっと。

 

 

作品の特徴

①精神をむしばむ怖さ

代表作である『リング』『仄暗い水の底から』で顕著に見られるように、じっとりした雰囲気でゾワゾワと粘着質な恐怖が特徴です。ここが「驚かせる」系の洋ホラーとは異なる部分ですね!

まるで魂が削られていくかのような怖さを演出してくるので、たぶん日本人の平均寿命は中田秀夫監督のせいで少し短くなっていると思います…w

 

②実はホラー以外の作品も多い

中田秀夫といえばホラーのイメージが強いですが、意外とサスペンスや恋愛、人間ドラマも撮っているんですよね。知らずに観て「え、これ中田秀夫監督だったの?」という事があります。

ホラーにおいてもストーリーや背景を作り込むタイプなので、人間を描かせたら巧みなんですよ。霊的なこと以外でも人間が恐れを抱くことってたくさんありますしね。なので他のジャンルにおいても、どこかゾッとするようなシーンがあったりして面白いです。

 

③ハリウッドリメイクされたり海外進出も

『女優霊』『THE JOYUREI  女優霊』

『リング』『ザ・リング』

『仄暗い水の底から』『ダーク・ウォーター』

と、代表作が軒並みハリウッドでリメイクされています。

さらに『ザ・リング2』にいたっては、ハリウッドで自ら監督をするというセルフリメイクまで果たしています。イギリスの映画でも監督を務めたりと、かなり挑戦的な姿勢のある人です!

そんな中田秀夫監督がハリウッドで感じたことを語ったドキュメンタリーがあるので、ハリウッド映画に興味がある人は観ておいて損はないと思いますよ。

 

監督作品

ここからは中田秀夫が監督を務めた作品について紹介していきますよ!大ヒット連発からの〜暗黒期到来からの〜復活を果たす過程をご覧ください!

U-NEXT

 

女優霊

公開1996年|上映時間76分

ハリウッドでもリメイクされた、ジャパニーズホラーの原点。

謎めいたフィルムを発見したことをきっかけに、撮影所内で次々に起こる不可解な現象を描いたホラー。

ハリウッドリメイク版とは雲泥の差ともいえる傑作で、めちゃくちゃ怖いです!当時でも怖かったんだろうと思いますけど、今だと映像が古いから余計に怖いです…。

 

 

リング

公開1998年|上映時間95分

ハリウッドでもリメイクされたジャパニーズホラーの代表作!

「見たら死ぬ」呪いのビデオをめぐる恐怖の連鎖を描いたホラー。

中田秀夫監督の地位を確固たるものとした作品ですね。社会現象になるほどヒットし、今でも語り継がれる名作です。続編もたくさん出ています。

 

 

リング2

公開1999年|上映時間95分

名作ホラー『リング』の続編。

呪いのビデオによる死の連鎖はまだまだ止まりません!もはや日本のホラーキャラクターとして定着してしまった貞子について、少し深掘りされます。怖さは前作より劣りますかね。

 

 

ガラスの脳

公開2000年|上映時間100分

手塚治虫の原作を、中田秀夫が描く不思議な純愛物語。

生まれて17年間ずっと眠りつづけている少女と、彼女にキスを贈りつづけていた少年の間に起こる奇跡を描いた青春ファンタジー。

美しく純粋すぎる愛の物語でありながら、ゾッとするようなホラー的な描写も含まれる話です。究極の純粋は狂気と紙一重だなぁと感じさせます。

 

 

カオス

公開2000年|上映時間104分

萩原聖人と中谷美紀を主演としたサスペンス。

狂言誘拐に巻き込まれた便利屋と、それを依頼した女性の危険な愛の行方を描く。

若かりし中谷美紀が綺麗で、官能的な雰囲気をもつサスペンスです。テンポよく、そして捻りのあるカオスな展開を見せます。

 

 

仄暗い水の底から

公開2002年|上映時間101分

『リング』の原作者・鈴木光司と再び組んだ話題作。

引っ越し先のマンションで奇怪な現象に巻き込まれていく母娘を描く。

タイトルからも滲み出るように、薄暗くて湿り気のあるジットリとした怖さが印象的です。実際に起こり得そうな現象を数多く配置し、不安定な精神状態をつくりだします。「母性」をテーマにしており、終盤には怖さを超えた深い悲しみが待っています。

 

 

ラストシーン

公開2002年|上映時間100分

若かりし西島秀俊、麻生久美子が主演を飾るヒューマンドラマ。

映画制作に携わる人々を、撮影の舞台裏を背景に描く。

1965年と2000年のふたつの時代の物語となります。ホラーのイメージが強い中田秀夫監督ですが、温かい雰囲気をもち、映画に没頭する人々を感慨深く映し出しています。今にしてみれば豪華なキャストの、若い演技が見られるのも良いですね。

 

 

ザ・リング2

公開2005年|上映時間110分

中田秀夫監督が自身の『リング』続編をハリウッドでセルフリメイク!?

ハリウッド版『ザ・リング』の続編を、オリジナルの中田秀夫監督が自らハリウッドでリメイクした作品。

内容はオリジナルとまったく違います。じっとりした怖さが無くなりますが、演出がなかなか凝っていて面白いですね。サマラ(日本の貞子)の過去について調査していきます。

 

 

怪談

公開2007年|上映時間119分

落語の怪談噺「真景累ケ淵」を映画化。

激しい恋愛のもつれから男への怨念を遺して命を絶った女が、残された男とまわりの女達を恐怖におとしいれる時代劇ホラー。

古典的な日本の怪談という感じです。女の怨みは怖ろしいですね…。主演の尾上菊之助がいい感じに雰囲気をかもし出しています。

 

 

L change the WorLd

公開2008年|上映時間129分

大ヒットを記録した『デスノート』の探偵Lのその後を描いたスピンオフ作品。

死を控えた天才名探偵Lが、最期の23日間をかけて事件の解決に挑む。

本編の『デスノート』が良すぎて内容はどうしても見劣りしますが、なんと言ってもLを演じる松山ケンイチが最高すぎるので、それだけでも一見の価値ありですね。

 

 

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

公開2010年|上映時間107分

米澤穂信の小説を映画化したサバイバル・サスペンス。

高額時給の求人広告につられて集まった10名の人々が、閉ざされた館で生き残りをかけた心理戦を繰り広げる。

米澤穂信のファンである私としては内容に不満が残りますが、豪華なキャストで見応えはあります。

 

 

CHATROOM チャットルーム

公開2011年|上映時間97分

中田秀夫がイギリスで監督を務めた作品。

インターネット上で知り合った相手を、チャットで言葉巧みに自殺へ追い込んでいく。主演は『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソン。

今まさに社会問題ともいえるネットの危険性について言及している作品で、巧みな演出により不穏なリアリティを感じさせます。

 

 

クロユリ団地

公開2013年|上映時間106分

前田敦子と成宮寛貴が主演を務めるドスベリホラー。

謎の死が続いているクロユリ団地に引っ越してきたことで不吉な現象に襲われる姿を描く。

中田秀夫監督が正統派ホラーを久しぶりに撮ったせいか大スベリして、全然怖くないしストーリーも残念でした。個人的にあっちゃんの演技が無理なのもあります。ファンの人ごめんよ。

 

 

MONSTERZ モンスターズ

公開2014年|上映時間112分

韓国映画『超能力者』を中田秀夫監督がリメイク。

他人を思うがままに操る事ができる男と、その能力が唯一きかない男の戦いを描く。

藤原竜也、山田孝之、石原さとみという豪華なキャストは見応え抜群!ですが、強烈な設定のわりに尻すぼみ感が否めず、ストーリーはぱっとしませんね…。

 

 

劇場霊

公開2015年|上映時間99分

どうした中田秀夫!『女優霊』を撮った奴どこ行ったん!?

舞台で使われる小道具の人形が、劇場内に恐怖をもたらす。

これが『女優霊』と同じ監督とは思えませんね。予告からして別の意味で寒気を感じましたが、内容も島崎遥香の演技も見てられない。ぱるる可愛いんやけどね。旬のアイドルを起用するなとは言いませんが、芝居に妥協はさせないでほしいです。

 

 

終わった人

公開2018年|上映時間125分

舘ひろし主演のヒューマンドラマ・コメディ。

定年を迎えて生きがいを失い、新たな職にも就けず途方に暮れる男が、ある人との出会いにより変化していく。

ホラーやサスペンス、ロマンポルノなどを手掛けてきた中田秀夫が心機一転、ハートフルな物語をコミカルに描いています。私の父もいよいよ定年を迎えたので、ほどよく感情移入できて面白かったです。自分が定年になったらまた違う感覚なんだろうなぁ。

 

 

スマホを落としただけなのに

公開2018年

関連記事:映画『スマホを落としただけなのに』リアルに怖いSNSミステリー!みんなはスマホを落とすなよ!

 

 

hulu

まとめ

中田秀夫監督の魅力と作品について紹介しました!

日本のホラーシーンを引っ張っていた初期に比べ、2013〜2015年(『クロユリ団地』『MONSTERZ モンスターズ』『劇場霊』)の期間が明らかに低迷期ですね…。ジャンルを変えた『終わった人』で息を吹き返したように感じたので、今後の作品にまた注目したいです。

公開予定の『スマホを落としただけなのに』はネットの危険性を描いたミステリーなので、新たな恐怖体験をさせてくれることでしょう!