映画『亜人』感想・評価レビュー

原作ファンですよ!!マンガはあまり読まない私ですが、これは毎回楽しみにしています。まさかの実写化を知り、予告も面白そうで期待感MAX。ただ、設定が原作とはかなり違うようで、どうなる事やら……!?

f:id:toshimaru104:20171005083347j:image

監督:本広克行
出演:佐藤健/綾野剛/玉山鉄二/城田優/千葉雄大/川栄李奈/山田裕貴/浜辺美波

あらすじ

 

病気の妹を救うために研修医となった永井圭(佐藤健)はある日、事故で死亡。しかし、直後生き返る。亜人と発覚し、崩れ去る圭の人生。国家に追われ続け、非人道的な実験のモルモットとなってしまう。そんな圭の前に突如、人類に牙をむく亜人最凶のテロリスト【佐藤】(綾野剛】が現れる。自分の運命に葛藤する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。やがて始まる、佐藤による衝撃の国獲りゲーム。衝突する人類と亜人、そして亜人と亜人。

【絶対に死なない男】と【絶対に死なない男】の終わることなき、【エンドレス・リピート・バトル】が始まる。亜人たちは、永遠の命をどう生きるのか——。

(公式サイトより引用)

予告動画

 


映画『亜人』予告【2017年9月30日公開】

感想(以下ネタバレ含む)

疾風怒濤の2時間!!高クオリティのCGをふんだんに使った、スピード感と躍動感にあふれるアクションは見応え抜群!

CGの質が高い

亜人の特殊能力であるIBM(黒い幽霊)。かなり重要な存在のコレを、果たしてどれくらい再現できるものかと思いましたが……完璧にクリアしています。きわめて精緻で躍動感がすごく、さらに役者との共演もまったく違和感なし。まさしくそこに存在していました!味方と敵とで幽霊の色味を多少変化させていたのも、見やすくて良かったですね。

とにかくキレキレのアクション

エンドレスリピートバトルという斬新な戦闘が続きます。亜人は殺されても復活し、ケガをしたり麻酔銃で撃たれたら、自殺することで健康体にリセットできる。なので死ぬことを怖れず異常なテンポでバトルを展開できるんですよ。その代わり普通の人間はボコボコ死んでいきますが……。

タイマンのバトルはIBMが共闘することでバリエーションが豊かになり飽きません。また対複数のバトルではド派手な無双が見られます。

とにかく速いテンポでキレのあるアクションが全編を通じて繰り返されるので、上映時間はあっという間に過ぎました。

原作とは別物と思ったほうがいい

亜人ルールを採用したアクション主体の別作品、と言っても過言じゃないでしょう。まあストーリーを忠実に再現しようとすれば三部作くらいになってしまうので、アクション特化にしたのは概ね正解だと思います。しかし、中途半端に改変したせいで矛盾や違和感が生まれてしまっているのも事実です。

主人公・永井圭は年齢もキャラも妹との関係性もずいぶん違います。しかも身体能力が高過ぎてビビる。研修医ですよね?

テロ主犯の佐藤も設定がブレています。あの異常な強さは米軍としての戦争で培われ、なおかつ完全なるサイコパスだからです。映画の設定だったら、そんなに強いわけないだろ!と。でも綾野剛さんは佐藤の動きや雰囲気を見事に再現していて、そこは流石だなぁと感心しました。

なんだか悲しかったのは、下村泉です。彼女の過去を知る原作ファンなら、あのキャラを理解できます。けど、知らない人が見たら戸崎の奴隷すぎるでしょ……。戸崎が変態鬼畜にしか見えない!w  過去を明かさないのなら、キャラもちょっと変更したほうがいいのでは。

他にも読者にしか理解できないだろう、と思われる説明不足な部分は多々ありました。重要なIBMの説明もほぼ無いですし、これから観に行く人はかるーく知識を得て行くほうが楽しめるかもしれません。

実写化にあたりストーリーや設定を変えるのは当たり前ですが、もうちょっと丁寧に再構築してほしかったです。

社会情勢の見せ方が嫌い

これは私だけでしょうか?報道形式で社会情勢を伝えるのは分かりやすく簡単な手法ですが、乱発すると没入感が薄くなりチープに感じます。亜人に対する世間の認識や感情を、もう少し違った角度で詳しく描いたほうが、世界観が広がって良かったと思います。

ヒカキン出演とか、本当にやめてほしかった。一番萎えました。リアリティ出るとか、ウケるとか思ったんでしょうか。かなり安っぽく仕上がりましたよ。いや、ヒカキンさん本人が悪いわけじゃないんですけどねw  ついでに品川祐さんと今野浩喜さんも……w

終わり方がひどい

原作では佐藤を倒してないので難しかったと思いますが、それにしても雑。ついポカ〜ンとしました。続編あるかも微妙な、気持ちの悪い終わり方でした。

 

評価(レビュー)

総合満足度:☆☆☆☆  (4/10)
わくわく度:☆☆☆☆  (4/5)
キュンキュン度:☆  (1/5)
かなしみ度:☆  (1/5)
カンゲキ度:☆  (1/5)
びくびく度:☆☆☆  (3/5)
スッキリ度:☆☆ (2/5)

 

原作の奥深さが大好きなので、その反動でこういう評価です。アクション部分だけを楽しむものとして観ると、かなり上出来と言えます。

綾野剛さんのバキバキの肉体と、佐藤健さんのスタイリッシュさ。高品質なCGと斬新なバトルシーン。これらだけでも観る価値は充分にありますよ!

ハマり役といえば浜辺美波さん(永井圭の妹役)くらいでしたが出番は少ないです。いや、贔屓じゃなくて。

そういえば『鋼の錬金術師』も実写化ですね。『亜人』と並んで原作ファンです。期待してもいいでしょうか!?

 

おわります。