映画『君の膵臓をたべたい』感想・評価レビュー

f:id:toshimaru104:20170727202825j:image

監督:月川翔

原作:住野よる
出演:浜辺美波/北村匠海/大友花恋/矢本悠馬/桜田通/森下大地/上地雄輔/北川景子/小栗旬

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の 言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。 彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を 思い出していく―。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、 【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。 だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、 終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

(公式サイトより引用)

予告動画

 


「君の膵臓をたべたい」予告

感想(ネタバレ含む)

感涙必至!!! 余命わずかな少女が見せる明るさの真意と言葉の数々で、「僕」とともに心が揺さぶられる感動青春ストーリー!

良かった点

これはもう先に言っておきますが、泣きました。耐えるの無理です。

原作がベストセラー小説で、私は気になりまくって買おうとしていたんですよ。そこで映画化の情報が入ってきたので、先に映画を観ようと待ちに待っての鑑賞でした。

 

まずはキャスティング。

主役の北村匠海さん。イケメンだし「僕」って感じじゃないけど大丈夫かなぁと思っていましたが、杞憂でしたね。臆病で閉鎖的な性格から徐々に心を開いていく、高校男子のたどたどしい成長を見事に演じています。

ヒロインの浜辺美波さん。正直、予告の時点で私は否定的な感情でした。容貌もあんまり好きじゃないし、芝居が臭そうだったので……。だがしかし!!ごめんなさい、素晴らしかったです。山内桜良のキャラクターがばっちりハマっていて、なんだか途中からめちゃくちゃ可愛く見えてきましたよ。(笑)

そして私のお気に入り、若手の名脇役・矢本悠馬が出ているので私は大満足でございました。

 

ストーリーは「難病の少女との切ない純愛物語」という、ありきたりな内容……かと思いきや、そういう話では割り切れないものになっています。タイトル『君の膵臓をたべたい』の意味もそうですが、いつも明るい桜良の言葉ひとつひとつにものすごく深みがあります。

哲学的というか文学的な表現がところどころに出てくるので、甘いだけの純愛映画が苦手な人でも楽しめますね。監督がCM演出をよく手掛けているだけあって、カメラ割りや映像のさりげない美しさも見ものでした。

 

二人の関係性も良かったです。最後まで友人でもなく恋人でもなく、観てるほうは「もどかしいなぁおい!」と悶えてしまいます。それでいてお互いが自分に持っていない部分を尊敬し合っていて、本当に美しい関係性です。親友の恭子との関係もまた、素敵でした。

 

まさかの衝撃展開の後、共病文庫を読んで桜良の本音を知ったときの激情は涙なしには観られません。もうね、最後の一文の「いええええい!」を書いた桜良の気持ちを考えたら、今でも泣いちゃいそうですよ私は。

気になった点

ベタ褒めしましたが、あくまでメインとなる『高校時代』の話です。『現在(大人)』の部分は蛇足感がどうしても否めません。

思い出として語る高校時代の途中途中に、現在の話が挟まれていくのですけど、それが感情移入の邪魔をしてきます。せっかく入り込んでるのに、毎回その切り替えでリセットされてしまうんですよね。

(そもそも生徒にべらべらと思い出を語るのが違和感ありますし)

 

小栗旬さん北川景子さんも取って付けたようでした。ラストの結婚式場のくだりも感動すべき部分なのかもしれませんが、こちらはまったく泣けませんでしたね。ネームバリューのために良い役者をねじ込んだだけのようにしか思えませんでした。

そんな事しなくても二人の若手がしっかり良い仕事をしてくれてます。

 

ひとつ自分のなかでモヤッとした点。

「食べてもらうと、魂はその人の中で生き続ける」「大切な人の中で生き続けたい」という話があるのに、なぜ『君の膵臓をたべたい』のでしょうか?『君に膵臓を食べられたい』なら納得なんですが……。

私の理解力不足なのですかね?原作を読めば分かるのでしょうか。

評価(レビュー)

総合満足度:☆☆☆☆☆☆☆  (7/10)
わくわく度:☆☆☆  (3/5)
キュンキュン度:☆☆☆☆  (4/5)
かなしみ度:☆☆☆☆☆  (5/5)
カンゲキ度:☆☆☆☆  (4/5)
びくびく度:☆  (1/5)
スッキリ度:☆☆☆  (3/5)

 

良作だったけど期待を下回った、というのが率直な印象です。感情移入して泣いてしまう場面と、客観的に「ふーん」となる場面の落差が激しかったです。自分でハードルを上げすぎたのかもしれません。

原作未読にもかかわらず、原作のほうがいかに秀逸なのか伝わってくる映画でした。買って読もうと思います。

二人の若手の今後も楽しみですね。