映画『銀魂』感想・評価

f:id:toshimaru104:20170717201752j:image
監督・脚本:福田雄一

原作:空知英秋
出演:小栗旬/菅田将暉/橋本環奈/柳楽優弥/新井浩文/吉沢亮/早見あかり/ムロツヨシ/長澤まさみ/岡田将生/佐藤二朗/菜々緒/安田顕/中村勘九郎/堂本剛

あらすじ

江戸時代末期、日本の鎖国を解放したのは、黒船ではなく宇宙船だった!?宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時と、ひょんなことから出会った新八と神楽が営む万事屋(よろずや)の周りで起こる事件や騒動の数々。果たして、今日はどんな事件が起きるのか――?銀色の魂に、この夏、日本中が虜になる!

(TOHOシネマズより引用)

予告動画

 


映画『銀魂』予告2【HD】2017年7月14日(金)公開

感想(ネタバレ含む)

SFと時代劇を融合させた異色のコメディアクション!!シュールな笑いの数々に抱腹絶倒!

良かった点

原作はほとんど知りません。なので原作ファンとは見方がかなり変わると思います。

ではなぜ観に行ったのかと言いますと、監督が『33分探偵』や『勇者ヨシヒコ』などのTVドラマを手掛けた福田雄一監督だったからですね。映画でも『俺はまだ本気出してないだけ』『HK 変態仮面』など漫画の実写化を成功させています。どれも面白いです。

 

まず俳優陣が豪華ですね。

柳楽優弥さんが最強にカッコイイのは置いといて、新井浩文さん、ムロツヨシさん、佐藤二朗さんなど個性的な俳優が福田監督の作品では特に光ります。佐藤二朗さんのシーンは笑わずにはいられません。

菜々緒さんは強烈なキャラクターが板につきすぎて、もう普通の役できないんじゃないかと思えてきます。(笑)

 

内容としては8割コメディです。序盤は各キャラクターや世界観があまり飲み込めていないのと、ギャグセンスに慣れていないのがあって苦笑いでした。(これは原作を知らないので私が悪い)

しかし中盤あたりから作品の雰囲気が理解できてくると妙にクセになってしまい、つい笑ってしまうシーンの連続でしたね。

 

油断しているとシリアスなシーンでは不用意にも感動させられてしまいます。ストーリーは綺麗にまとまっていますし、アクションもしっかり組み込まれ、全体的に見応えのある物語になっていました。

原作の忠実性は私にはわかりませんが、ファンから見るとどうだったのでしょうね。

気になった点

主役の小栗旬さんと、菅田将暉さん、橋本環奈さん。このメインキャストがどうにも受け入れ難かったです。コスプレ感から脱却できていないように感じました。

特に小栗旬さんですが、銀時の絵は一応知っている私から見て、ちょっと年齢的にきつくないでしょうか……?ギャグのシーンもしっくり来ていませんでした。

 

ほぼギャグがメインなので、センスが合わない人にはちょっと冗長で退屈するかもしれません。シュールなネタは面白いですが、変顔とかは私もあまり好みではありませんね。

あとは他作品のパロディが結構あるため、気に障る人もいるかと思います。原作がそうだとしても、映画化するなら色んな人が観ることを考慮して、控えたほうが良いのでは。

 

アクションはスピード感があって悪くなかったですが、先日観た『忍びの国』や同じジャンプの実写映画『るろうに剣心』の殺陣と比べてしまうと物足りないです。

最も気になったのがキャラクターや背景などに使われるCGの安っぽさ。これが作品全体の価値を下げていると言っても過言ではないでしょう。

評価(レビュー)

総合満足度:☆☆☆☆  (4/10)
わくわく度:☆☆☆☆  (4/5)
キュンキュン度:☆☆  (2/5)
かなしみ度:☆  (1/5)
カンゲキ度:☆☆☆  (3/5)
びくびく度:☆  (1/5)
スッキリ度:☆☆☆☆  (4/5)

 

好き嫌いがかなり別れそうなテイストです。キャスティングだけで観に行くと後悔するかもしれないので、作風だけでも予習していったほうが吉ですね。

原作ファンから見てどうなのか分かりませんが、原作を知らなくてもそれなりに楽しめる作品だとは思います。そういう意味では、少年漫画の実写化は数多くありますが、成功の部類に入るかなぁという印象。

ただ福田監督の作品ということで期待したほどではなかったです。

しかしギャグ・アクション・CGと、要素がてんこ盛りで挑戦的な作品になったとは思うので、今後、同様の作品を制作するならば楽しみですね。