映画『22年目の告白 –私が殺人犯です–』感想・評価

f:id:toshimaru104:20170616110411j:image
監督:入江悠
出演:藤原竜也/伊藤英明/夏帆/野村周平/石橋杏奈/竜星涼/早乙女太一/平田満/岩松了/岩城滉一/仲村トオル

 

あらすじ

22年前、5件の連続殺人事件が起きた。被害者の近親者に殺人の瞬間を見せつけ、その目撃者をあえて殺さずに犯行を証言させるという残酷な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当していた刑事・牧村は、犯人を追い詰めるものの逃してしまい、傷を負わせた報復として上司を殺されてしまう。その後、事件は未解決のまま時効を迎えてしまった。そして現在、一冊の本が世間を震撼させる。「私が殺人犯です」と題されたその本は、あの事件の犯人と名乗る男が書いたという殺人の手記。出版記念会見に現れた曾根崎と名乗る男は、再び日本中を騒然とさせていくーー。

感想(ネタバレ含む)

大どんでん返しに愕然!!恐怖と怨恨は人を変え、怖ろしいほどの行動力を与える。追い討ちをかけるような緊張と驚きの連続!

良かった点

サイコパスな藤原竜也さん、熱血漢な伊藤英明さん、殺人犯を守らなければいけない警察の立場……私はてっきり映画『藁の楯』を想像していました。ええ、キャスティングと予告からすでに騙されてしまいましたね。

『藁の楯』では設定がちょっと非現実的でしたが、今作は事件に対する世間の反応が妙にリアルでした。マスコミの取り上げ方、ネットの炎上、擁護派と反対派の出現。今の時代に沿ったリアリティと恐怖を煽るような音響で、緊張感が増大します。

 

やはり藤原竜也さんと伊藤英明さんの演技は凄まじいですね。二人の一触即発の雰囲気は見ていてハラハラしました。夏帆さんも最近みるみる芝居に熱がこもってきたように思います。いずれは容姿もさる事ながら実力派女優の仲間入りすると思います。

中盤で驚きの展開があるのですが、これはもう「えっ!」と声に出そうでした。伏線もしっかりと回収されます。

 

時効、大切な人を失った者が抱える心の闇、正義と悪、無配慮な世間の声と表現の自由……「法と倫理感」について深く考えさせられる内容でした。

気になった点

 私はどうも岩城滉一さんの演技が苦手です。滑舌の悪さが気になってセリフが入ってきませんし、何を演じさせても「岩城滉一」なんですよね…。渋くてカッコイイんですけどねぇ。あと仲村トオルさんも途中までは彼の良さが出てましたが、終盤はちょっと見てられなかったですね。

内容に関しては、後半の失速が目立ちました。一応は最後までどんでん返し的な展開が用意してあるんですけど、中盤の驚きがピークでそこからは先が見え見えになってしまいます。

ちょっとネタバレ要素が強くならないようボカシますが、終盤の「ほら殺してくれよ」的な展開からはウンザリしてしまいました。緊迫すべき場面なのに説明がだらだらと……人間はあんなに首を絞められたら喋れませんし、頸動脈の血流が止まってすぐに意識を失います。あれじゃ不死身ですよ。しかも、その場にいる三人の関係性からして、銃を構えてあーだこーだするのは明らかにオカシイです。

 

自分の中で納得できた疑問をひとつ書いておきます。なぜ被害者遺族が一人だけ現れないか、です。序盤から5人の被害者と強調しておきながら最後まで4人しか出てこないものですから、気になって仕方なかったです。10人いて4人とかならまだ分かるんですけど。

でもその「あれ、あと一人は?」という引っ掛かりが制作側の思うツボでしたね。「もしかして、その一人が黒幕なのでは?」とミスリードを生み、観客が先に真相へ辿り着くのを邪魔するためでしょう。

評価

総合満足度:☆☆☆  (3/5)
わくわく度:☆☆☆  (3/5)
キュンキュン度:☆  (1/5)
かなしみ度:☆☆☆  (3/5)
カンゲキ度:☆☆  (2/5)
びくびく度:☆☆☆  (3/5)
スッキリ度:☆☆☆☆  (4/5)

物語の材料はかなり良質でした。それだけに、構成力不足が惜しい作品ですね。前半で各キャラクターをもっと深く掘り下げてクライマックスの大どんでん返しを引き延ばし、終盤を早い展開でぎゅぎゅっと凝縮すれば、最高のサスペンスになっていたと思います。